子供の歯というのは日々変化、成長しています。

そのため、いくら歯並びのきれいな口だと褒められていたとしても、歯の日々の手入れや歯磨き、時々歯科医に診てもらうなどしてメンテナンスをしていないと、ある日気が付いたときには、思わぬ歯のトラブルが発生している可能性もありえるのです。

また自分の子供は歯並びがきれいと思っていたとしても、もしかしたらそれは自分が思い込んでいただけという可能性もあり、歯の矯正が必要になる状態であるかもしれません。

でも歯並びが悪い、歯の矯正が必要という歯並びというのは、実際どのような状態のことを指しているのでしょうか?

通常子供は生まれた時は、歯なんて生えていませんよね。

そして歯は生えていないけど、成長するにしたがって、だんだん歯が生え揃ってきて、何も特別なことがない限り歯はきれいに生え揃うものなのです。

これが、なぜか本来歯がきれいに生え揃うはずなのに、放置していると出っ歯になってしまったり、ガタガタになってしまったり、本当はきれいな歯が生え揃うはずだったのに、歯の定期的なチェックやメンテナンスをしていないばかりに、歯の矯正が必要になるほど歯並びが悪くなってしまうのです。

でも子供に歯の矯正なんて、ちょっと酷ではないのか…?

こんな風に考える方もいるかもしれません。

でも子供の歯の矯正は、大人の矯正のように急ぎで行う必要はありません。

無理の内容成長に合わせて、ゆっくり矯正を行っていくのです。

私のおススメサイト→矯正の評判情報ガイド